<< ブルータスお前もか | main | [パール]ヒードランGET >>

『あるある』の正体がついに明らかに

 1月7日放送の『発掘! あるある大辞典2』で紹介された「納豆ダイエット」は捏造だった!

 今回、こういう形であの番組の嘘が明らかになってくれたので嬉しいヽ(´ー`)ノ
 以前からこの番組は嘘っぽくて大嫌いだったのです。
 宣伝目当ての提灯番組なのが見え見え。

 なんとなく眺めているだけでも怪しさぷんぷんだというのに、実際は「信じている人がかなり多い」というのに驚くやら呆れるやら。
 この回の放送についても、各地のスーパーから納豆が消えるほどの影響があったという話をしょっちゅう聞きました。昔の放送内容ではヨーグルトが店頭から消えたりもしたとか。

 以前、仲間内の雑談中で「あるある」の話題になり、私が番組の信憑性を批判したところ、「あるあるを否定する人間の方が嘘っぽい、信用できない」と逆に言われてしまい、愕然としました。
 その人曰く、
 「『あるある』は専門家が出てきてちゃんと解説しているし、そもそもTV番組が嘘を放送するとは考えられない。一方『あるある』を嘘呼ばわりする人はただの一般人。一流大学の出身でもないし、専門家でもない。どっちが信用できるかは明らか」
 と、いかにもな頭の悪いコメントをくださり、あーコイツと話しても意味ないなーと思わされました。

 ……しかし、それこそ日頃からインターネットでいろんな人の意見を聞くことに慣れているネットマニアならともかく、ごくごく「フツー」の人の感覚ってこんなものなんじゃないかと。
 物事に批判的な目を持つ習慣のない人が、TV番組の内容とそこいらの一般人の話、どちらを信じるかと考えれば、やっぱりTVの方を取るんじゃないかなあと。

 そんなフツーの人々にとって、今回の捏造発覚はいい冷や水でありましょう。
 そうなんですよ。TVは嘘を吐くんです。
 その事実を忘れてはいけない。そのことが頭にあるだけで、番組の見え方が大きく変わってくるはず。
| ニュース&社会 | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 09:41 | - | - |

コメント

コメントする










※半角英数のみのコメントは拒否されます。
※emailは無記入推奨。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://srl.jugem.jp/trackback/384

※言及リンク必須。
 記事へのリンクのないトラックバックは受け付けません。