<< mixiサヨナラ宣言 | main | [もっと脳トレ]もっと教授の笑顔が見たい! >>

mixiサヨナラ宣言・続き

 この記事は「mixiサヨナラ宣言」の続きです。もうちょっと掘り下げます。

 mixiはその性格上、単なる日記や独り言に終始することが多いですね。その理由は「閉鎖性」にあると思います。
 人に参照させるような情報をまとめるページを作るなら、少なくとも私だったらmixiの中には書かない。普通そうでしょう。
 「本当に有益な情報は他人に教えたくない」って、何かのCMでそんなふうなことを聞いたことがあるような気もしますが……情報を提供することによって自分の利益が損なわれるのでなければ、普通はいくらでも教えたいものなんじゃないでしょうか? mixiという閉じたネットワークの中でしか見られないようにしますかね?
 仮に私が、mixiを通じて情報を知ってもらおうと思うなら。誰でも見られる場所にそれを置いて、そこのURLをmixiに置きます。

 ……そうなんですよ。はっきり言って、mixiで記事書くメリットなんて、ないんです。

 だから、私はこっちのブログばっかり更新していて、mixi日記にはロクなこと書いてなかったんですよね。
 お友達の動向が気になってmixiにログインするでしょ。そしたらいつログインしたって情報が残るでしょ。相手のところに足跡も付いちゃうし。
 そしたら何か更新しなきゃ申し訳ないって気持ちになるのよ。でも書くことないんですよ。書きたいことはブログに書いちゃうから。そしたら、ホント時間の無駄にしかならないような、見る価値のない独り言しか書けなくなっちゃうんですよ。
 で、無価値な独り言を書いちゃうと、更新情報に載っちゃうんですよ。それを見てどこかの誰かがうっかり見に来ちゃったりするわけですよ。見た人はがっかりすると思いますよ。それがまたツラくてね……。
 だからmixiでもそこそこの更新をしようと思って、それなりに気合を入れて何か書いてみる。すると、今度はmixi内オンリーにしちゃうのがもったいなく感じられてくるんですよ。まぁそこまで有益なモノを載せてるわけでもないけどさ、でも閉鎖的な世界だけでネタを腐らせてしまうのはもったいないじゃないですか。もともと話のタネの多い人間じゃないんだから。そんで結局、mixiに書くつもりだった文章をこっちのブログに持ってきちゃったりするんです。

 そんなことをしているうちに、どんどんmixi日記の内容は薄くなっていき……
 こんなくだらない日記しか書いていない人間が、足跡付けて回るなんて滅相もない。そう思うと人のmixi日記も読みに行けなくなりまして。
 お知り合いでも何でもない人だけど、日記の内容が気になって見に行きたくなったーってことが何度かあるんです。でも、足跡を付けたくないという思いから、見るのを我慢した分がかなりあるんですよ。
 そんなことを繰り返しているうちに、なんだか惨めになっちゃってねぇ……。気が付くと、「mixi」というシステム自体に憎しみを抱くようになっていました。

 ええ、ある種立派な逆恨みですな。
 うん。こういう人間は、mixiにいちゃいけないよね。いかんですよやっぱり。世間が許しても私が許さない(ぇ
 あの世界が快適だと感じている人たちがいるんです。合わない人間が居座ったりして、彼らの平和を邪魔しちゃいかんのです。

 いっそ「ROM専用アカウント」として居直れればよかったんだろうけどねぇ。それができなかった辺り、まだまだ修行が足りませんな。
 それで友達のmixi日記を読めなくなってもいいと言っているわけですから、相当価値観破綻していると思われます。馬鹿です。

 思えば、mixi日記を利用せずに、外部のブログを日記として利用する方法もあったんだよね。確かそんな感じの機能があったような気がしますが、ぶっちゃけ試していないのでわかりません。
 なんかそれも試す気しなかったっていうか。何なんだろうなぁ一体。この機能を知ったときには、とっくにmixi嫌いになってたのかも。

 ……で、この記事も、結局こっちのブログに書いちゃうわけですよ。
 まぁこれはどちらかというと、mixiの中の人にはあんまり読んでほしくない内容なんですが。特にマイミクシィ(いわゆる友達リスト)のメンバーには。誤解を招きかねないので。
 散々言ってますが、個々人のことが嫌いになったわけじゃないので、その点勘違いしないでもらいたいなぁと思っとります。
| インターネット | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:35 | - | - |

コメント

コメントする










※半角英数のみのコメントは拒否されます。
※emailは無記入推奨。

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://srl.jugem.jp/trackback/191

※言及リンク必須。
 記事へのリンクのないトラックバックは受け付けません。